Home > グンマガ!NEWS > インフルエンザ警報が発令

インフルエンザ警報が発令

  • 2017/02/01

平成29年1月31日、群馬県でインフルエンザ警報が発令されました。手洗いやマスクの着用など、感染予防対策を徹底しましょう。


インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症です。今後も、流行が拡大する恐れがありますので、手洗い・うがい、咳エチケットを心がけ、インフルエンザに「かからない」、「うつさない」ように注意しましょう。

基礎疾患を持っている人、小さなお子さん、高齢者は、特に体調管理に気をつけましょう。また、急な発熱に咳やくしゃみ、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛などの症状があるときは、インフルエンザにかかっているかもしれません。早めに医療機関で診察を受けるよう心掛けましょう。

インフルエンザ予防対策

インフルエンザを予防するために、次のことを実行しましょう。うがいの絵

帰宅後の手洗いやうがいを徹底する
流行時には、人ごみへの外出を控える
十分な栄養と休養で、体力・抵抗力を高める
症状(発熱・咳など)のあるときは外出しない
咳エチケットの励行(咳やくしゃみをする際には口元を覆うかマスクなどを着用する)
流行前に予防接種を受ける
免疫力を高める効果がある、おすすめメニューの紹介

しっかりと栄養を取って、ウイルスに負けない体をつくりましょう。

健康レシピ「バランスの良い食事で免疫力アップ!」(375KB)(PDF文書)
インフルエンザに関する関連情報 

群馬県インフルエンザ情報(外部サイトに移動します)
厚生労働省インフルエンザ対策(外部サイトに移動します)
鳥インフルエンザA(H7N9)について

中国において確認されている鳥インフルエンザA(H7N9)について、これまでのところ、ヒトからヒトへの感染は確認されておりません。

鳥インフルエンザA(H7N9)の感染源と感染経路は明らかになっていませんが、感染を防ぐためには基本的な手洗い、咳エチケットが重要です。

新型インフルエンザの予備知識

新型インフルエンザは、毎年冬になると流行するインフルエンザとは異なり、通常人には感染しない鳥や豚などのインフルエンザウィルスが変異し、人から人へ感染するようになるインフルエンザのことです。新型のため、人は免疫を持っておらず、ワクチンの製造もできないことから世界的な大流行が心配されています。今までにもスペインかぜやアジアかぜなどが新型として大流行し、世界中で大きな被害がでました。

新型インフルエンザの出現時期を正確に予知することは大変難しく、出現そのものを阻止することも極めて困難です。感染の拡大を可能な限り阻止することが大切


健康推進部 健康づくり課
電話番号:0270-27-2746
ファクス番号:0270-23-9800
メールアドレス:kenkouzukuri@city.isesaki.lg.jp

  • 最終更新:2017/02/01
  • 情報提供:伊勢崎市役所

この頁トップに戻る